学校できちんとしたあいさつ

学校の中での基本

クリエイティブ

学校であいさつする大切さ

学校であいさつすることは基本中の基本です。しかし、基本であるにもかかわらずきちんとできない子供がいます。どうしてでしょうか。それは、親がこどもにきちんと教えていないからです。しかし、きちんとあいさつできない子供は、将来社会に出た時に会社の中でも出来ないでしょう。それで、親は子供が幼い時から基本をちゃんと身につけるように教えましょう。朝学校に登校して、先生や友達に会ったなら「おはようございます」親切にしてもらったら「ありがとうございます」間違ったり迷惑をかけたら「ごめんなさい」としっかり言えるように教えましょう。

あいさつから広がる輪

ご家庭の中でも、朝起きたら「おはよう」就寝前には「おやすみ」出かけるときには「いってきます、いってらっしゃい」などのあいさつを交わすことは常識であり日常です。しかしお子さんたちにとって少しハードルが高いのは、近所の方や学校で先生やお友達と出会ったときにする「こんにちは」であると考えられます。「こんにちは」というあいさつは、してもしなくても良いと言えば良いのです。しかし、それを交わすことによって人間関係が柔らかになったり、笑顔が生まれたり、交流が始まったりするのです。そういったことを学校教育の中で自然に教えていくべきです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の問題について考えよう. All rights reserved.