学校の問題について考えよう

学校と不登校問題

クリエイティブ

学校も多彩になっています

勉強する学校へ通うわけですが、様々な理由から不登校になっている生徒もいます。勉強が嫌いで行かない人もいるでしょうが、勉強が好きでも友だち関係に悩んで登校できない人もいます。そんな生徒たちを受け入れるフリースクールが全国に広がっています。細かい学校の校則などに縛られず、自分のペースに合わせて学んで行くことができます。フリースクールは義務教育ではありませんので、卒業資格は与えられませんが、フリースクールに通う生徒が増えていることや、勉強する機会に多様化に応えるために義務教育として認める動きもあります。

教育を受けることの益

学校に行くこと自体は好きだけども勉強は嫌い。という子供は少なくないようです。なぜなら、因数分解や化学記号の暗記など将来役に立つのだろうか、といったことを勉強するからです。たしかに、因数分解や化学記号の暗記は、将来役立つとは思えにくく感じます。しかし、学校で学ぶ教育は意味があります。それは、難しいことを勉強することにより、あきらめないことや根気強さといった特質を幼い時から身につけることが出来るからです。こういう特質を幼い時から身につけることは必要不可欠です。ですから、教育には意味があるといえるでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の問題について考えよう. All rights reserved.